飛行機にベビーカーは持ち込み可能??各航空会社を比較!!

飛行機で旅行に行く時、ベビーカーってどうすれば良いの?って思いますよね。

飛行機の中にベビーカーって持ち込めるのか?それとも預けるしかないのか?
初めてベビーカーをもって飛行機に乗るときはわからない事だらけですよね。

そんなママさんたちの為に、飛行機会社の対応をまとめてみました。



 

ベビーカーは機内持ち込み可能??

結論からお話すると、持ち込みは可能です。

ただし、持ち込めるサイズがありますので、お持ちのベビーカーを折りたたんだ時のサイズによります。

 

一般的な航空会社(JALやANA)の持ち込み可能サイズ

 

一般的な航空会社(JALやANA)での荷物の持ち込み可能なサイズですが、
座席数によって持ち込み可能なサイズが異なりますので、注意が必要です。

 

座席が100席未満の場合 3辺の合計が100cm以内
(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)
座席が100席以上の場合 3辺の合計が115cm以内
(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)
重量制限 10kg以内

赤ちゃんがいるとどうしても荷物が多くなってしまいますが、ルール上は身の回り品1個と、制限以内の大きさの手荷物1個までです。

 

 

一般的な航空会社(JALやANA)以外の場合は、持ち込めるサイズが違いますのでご確認ください。

ソラシドエア 3辺の合計が115cm以内
(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)
エア・ドゥ
スカイマーク
スターフライヤー
重量制限 10kg以内

 

機内に持ち込む場合は、チケットを見せる(読み取る)改札を通る前までに折りたたみ、専用のケースに入れてから持ち込むようにしましょう。もし、ベビーカーの専用ケースがない場合は、スタッフの方にお伝えすればビニール袋をもらえるようなので、聞いてみてくださいね。

 

LCCの場合

LCCの場合は、一般の航空会社とは違うルールとなっていますので、注意が必要です。

 

ジェットスター 3辺の合計が115cm以内
(幅36cm×高さ56cm×奥行23cm)
7kg以内
バニラエア 3辺の合計が115cm以内
(55cm×40cm×25cm以内)
10kg以内
ピーチ・アビエーション 3辺の合計が115cm以内
(幅50cm×高さ40cm×奥行25cm以内)
10kg以内
スプリングジャパン 3辺の合計が115cm以内
(56cm×36cm×23cm以内)
5kg以内

 

ベビーカーは無料で預けられる

ベビーカーを預けるときに、形的にいびつなので別途費用がかかってしまうのでは!?と思う人もいるかもしれませんが、一般的な航空会社やLCCは基本的に無料で預かってもらえるので、安心です。

もちろん、事前予約なども必要ありませんので、当日トランクと一緒にベビーカーも預けてしまいましょう!

 

ベビーカーを預ける時の注意点

ベビーカーを預ける時は、手荷物カウンターで預けることになりますが、いくつか注意点がありますので、事前に確認をしておきましょう。

 

フックやおもちゃなど、付属品を外す

ベビーカーについているフックやおもちゃなどの付属品は、予め外しておきましょう。

航空会社の方が丁寧に扱ってくれていたとしても、付属品がついたままになっていて、なにかの拍子にぶつけたり、落としたりした場合に破損の原因となってしまいます。

赤ちゃんがベビーカーについているおもちゃを気に入っていて、それでよく遊んでいる場合は手荷物バッグの中にしまっておきましょう。

機内でグズってしまっても、手元にそのおもちゃがあれば取り出すことができますよね♪

 

タグをつけておく

 

おもちゃなどの付属品は外して預ける方が良いですが、タグは必ずつけておきましょう。

もし乗り継ぎなどがある場合は、荷物の紛失の可能性もありますし、タグがついていれば見つかる可能性も高くなります。

また、直行便の場合だったとしても、取り間違い防止になりますので、タグの重要性がわかりますよね。

必ず名前と連絡先を書いたタグをつけるのをおすすめします!

 

5個セットネームタグ

\ 送料無料 /

 

 

ベビーカーバッグやカバーをかける

 

航空会社によってですが、国内線の場合はベビーカーを預ける際にカバーをかけてくれるとこともあります。

しかし、国際線の場合は無い場合も多いです。

その為、ベビーカーバッグなどに入れて預けるようにすれば、汚れや破損からも守ってくれますので、可能であれば持参した方がベビーカーが傷まなくて良いと思います。

 

 

預けたベビーカーに破損があった場合

飛行機にスーツケースを預けて、傷だらけで戻ってきたことありませんか?
私はあります苦笑

ベビーカーも、預けたは良いものの、傷があったり、破損して戻ってくる場合も
もしかしたら起こるかもしれません。

残念なことに、ほんの少しの傷や汚れについては、一般的な航空会社では保証の対象外となることが多いです。

そうならない為にも、ベビーカーバッグなどに入れて、預けるのが良いと思います。

また、LCCだと基本的に破損による保証はありません。
それに加えて、保証はありませんという承諾のサインを欠かされる航空会社もあります。

各航空会社により違いはありますが、破損があった場合はまず空港の係員に伝えましょう。
保証の期間が1週間などと定められている場合もありますので、気をつけてくださいね。

 

 

まとめ

ベビーカーは飛行機にあずけることもできますし、機内に持ち込めることもわかりますね。

乗る飛行機によって持ち込めるベビーカーのサイズが異なりますので、
ご自身の乗る飛行機と、持っているベビーカーのサイズを把握しておくことが重要ですね。

もし預ける時は、破損や紛失がないようにベビーカーバッグに入れることを強くおすすめします!

なぜなら、航空会社によっては雑に扱われることもありますし、そうでなかったとしても
歪な形の荷物なので、荷物を移動する際に傷や破損がおこる可能性が高いからです。

高価なベビーカーですので、出来る対策はしておいた方が良いですね♪

 

 

 



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事