【ベビーカーの処分方法】お得に処分する方法4選!

赤ちゃんがいるご家庭では、高い確率でベビーカーがあるのではないでしょうか?

赤ちゃんも成長してきますし、「今後は使わないなー」ってなる時期って絶対きますよね。

その場合の処分方法ってご存知ですか!?

今回はベビーカーの処分方法をまとめてみましたので、処分を検討している方は是非参考にしてみてください♪

 



売れないか挑戦してみる!!

ベビーカーは結構高価ですよね。もし状態が良いなら、是非買取店などに出してみてください!
高いから中古でも良いという人は結構いるものです。

 

買取店にどうやって売るの?

今はネットが普及しているので、わざわざ持ち込まなくても、申込みをすれば引取にきてくれるところも増えています。

 

例えば、NET OFFだと、4つのステップで売ることができます。

 

1、ネットで申し込み

準備するものは、売りたいものと銀行口座がわかる通帳やキャッシュカードのみ!

ベビーカーだと関係ないですが、今だとダンボールが無料みたいなので、
ベビーカー関連商品も売りたいようであればお得ですね!

 

2、商品を梱包

ベビーカーはダンボールに入らないので、プチプチで梱包しましょう!

ベビーカー関連商品は段ボールに丁寧に梱包しましょう。

 

3、集荷かコンビニ持ち込み

梱包ができたらあとは集荷を待つだけ!

佐川急便が無料で集荷にきてくれます。

これはすごいなーと思うのは、22時まで集荷してくれること!
仕事しているとなかなか早い時間は難しい・・・というママさんもいると思うので、
活用する価値ありますよね!

時間が合わない場合はコンビニ持ち込みでもOKです。

クロネコヤマト宅急便が扱いのコンビニに持ち込んで発送しましょう。

その場合、送料はどのくらいかかるのか気になりますよね?

 

なんと!!着払いで送って良いので送料かかりません!!

近年送料が上がっているので、これは本当にお得だと感じます。

 

4、承認後入金

メールで査定結果がきますので、見積もり金額を確認しましょう。

問題なければ、即入金されます!

 

ネットで買取に出したことが無い人は最初は難しく感じますが、
こうして見てみるとそんなに難しくないですよね?

 

今回ご紹介したサイトを貼っておきますので、ベビーカーを売りたいママさんは
是非活用してみてください。

 

>>>NET OFFのホームページはこちら

 

フリマアプリとは?

最近フリマアプリってよく聞きますよね。

昔はフリーマーケットとして学校や大きい公園などで不用品を持ち寄って
一般の人が販売するイベントがありましたよね。

 

インターネットが普及した為、今はネットでそれができてしまいます!

 

有名なところでいえば、

・メルカリ

・ラクマ

などが有名ですよね。

 

フリマアプリは他にもいっぱいありますが、
ベビーカーを売るのであればこの2つのアプリでの検討がおすすめです。

 

それぞれの特徴をみてみましょう。

 

メルカリの特徴

最近ではCMもやっていますし、今となってはとても一般的なフリマアプリですね。

メルカリの利用者はなんと2216万人!!利用者数がすごく多いのですね。

 

これだけ利用者が多いので、正直なんでも売れてしまいます笑

洋服やゲーム機はもちろん、本などももちろん販売できます。

メルカリ独自の「らくらく・ゆうゆうメルカリ便」が使えます。

 

どんなベビーカーが売られているの?

メルカリはなんでも売れるので、もちろんベビーカーも売られています。

 

 

1万円切るくらいの価格で売られているものもあれば、
状態がよかったり、海外メーカーのものは高く売られていますね。

 

また、ベビーカーの付属品も売られているので、
ベビーカーと一緒に販売も可能ですね!

 

メルカリの手数料

メルカリはアプリをダウンロードするのは無料ですが、
販売手数料などはかかります。

出品するときの手数料は販売額の10%がかかります。

 

また、1万円以下で出金したい場合は、
手数料210円かかりますので、お気をつけください。

 

それらを考慮しながら販売価格を決めれば、損することなく売ることができますね。

 

 

ラクマの特徴

 

ラクマは山崎賢人さんがCMをやっていますよね。

利用者もメルカリに次ぐ1115万人!

 

ラクマの特徴は女性物が多いのが特徴的です。

ハンドメイド商品などもよく売れるフリマアプリです。

 

メルカリと違うところは、
購入者を選べるという特徴があります!

出品者が承認をしなければ、購入をすることができません。

その為、購入後のクレームを減らすことができますので、
販売側も購入側もメリットがありますね。

 

どんなベビーカーが売られているの?

 

ラクマではこのようなベビーカーが売られています。

 

 

価格帯は1万円以内〜数万円するベビーカーまで、幅広く売られていますね。

出品側としても、安心して出品できるのではないでしょうか?

 

また、ベビーカーの付属品も売られていますので、ベビー用品もまとめて販売できますね♪

 

ラクマの手数料

 

ラクマも手数料がかかります。

 

販売手数料については商品売上の3.5%、

出金手数料は210円となっています。

 

出金手数料についてですが、楽天が運用していることから、
楽天銀行であれば1万円以上無料で振り込みができます。

 

メルカリとラクマでベビーカーを売れば、買取店よりはもしかしたら高く売れるかも?しれませんね。

 



友人やママ友に譲ってみる

まだまだ使えるのにもったいない。と思うこともありますよね。
とくに1〜2年くらいで手放すことになった場合は、まだ使えるのにな〜と思うことはあるはず。

売るのにも発送とかが大変で・・・と思う場合には、ママ友や知り合いに譲ってみるのはどうでしょう?

新品で変えば数万は必ずかかりますし、そこまでお金はかけたくない・・・というママさんも絶対にいるはず!
是非まわりに声をかけてみてください♪

 

不用品回収業者に依頼

売りたくても、知り合いにあげたくても、ベビーカーが壊れていたらどうにもならないですよね。

そんな時は不用品回収業者に依頼してみましょう。

地域の処分業者に電話すると、結構親切な対応をしてくれる時もあります。
もしその業者のトラックが空いていたり、帰り道のルートだったりするとついでに引き取ってくれることもありますよ!

 

料金ってどのくらい?

金額は少し高い印象です。。

即日処分や、日時の予約をして引き上げてくれるので、処分した人にとっては割と良い気がしますが
その分金額が…

くらしのマーケットで調べてみましたので、参考にしてみてください。

 

東京都・・・最安5000円〜

神奈川県・・・最安5000円〜

千葉県・・・最安5000円〜

愛知県・・・最安7000円〜

大阪府・・・最安4400円〜

福岡県・・・最安6000円〜

 

くらしのマーケットでは、地域を細かく設定して検索できますので、
ご自身のお住まいの近くで検索してみてくださいね♪

 

 

 

粗大ゴミとして処分

自治体の粗大ゴミとしても処分してもらえます。

 

各自治体によりルールは違うと思いますが、東京都中央区の場合でみてみましょう。

 

1、粗大ゴミ受付センターに予約

2、粗大ごみの処理手数料についてはこちらで確認してください
>>>粗大ごみ受付センター

インターネットだと24時間受付しているみたいなので、そちらの方がスムーズかもしれません!

 

3、お近くのコンビニエンスストアで粗大ごみ処理券をご購入ください
4、集予定日、氏名または受付番号を記載した有料粗大ごみ処理券を貼って、収集曜日の午前8時までに玄関先や敷地の入口など、収集しやすい場所にお出し下さい。

 

まとめ

ベビーカーが不要になったら、どのように処分するのが良いかわかりましたね。

1、まずは売れないか挑戦してみる!
2、壊れていなくて状態が良いのであれば、周りの人に譲ってみる
3、不用品回収業者に依頼してみる
4、粗大ごみとして処分

買う時って処分の方法まで考えないから、いざ不要になったときにどうやって処分したら良いかわからないですよね。

不用品回収業者に依頼するときは、思っていた以上に高い!
なんてこともあるので、いくつかの業者に聞いてい見るのも良いと思います。

ご自身の使っていたベビーカーの状態により、どの方法が一番良いか、検討してみてください♪



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事